バナナリーフの固形せっけんで気になる匂いシャットアウト

未分類

バナナリーフの特徴

バナナリーフの固形せっけんは医薬部外品で女性の体臭・ニキビを防ぎます。
殺菌・消毒・で雑菌の増殖を抑えて除去専用石鹸です。

毛穴ケアや肌を引き締めたりと体臭以外の効果もあります。

バナナリーフは1か月だけでもOK!
解約も自由で返金保証もついて今は 75%オフの定期初回
1480円とお得

バナナリーフの効果ここがすごいところ

主な効果

洗浄・殺菌・消毒
体臭・汗臭・ニキビ防止
透明感のある肌
天然由来成分配合
医薬部外品なので効果・効能が認められている
天然由来成分が確実な体臭除去します。
・天然由来の茶エキス
・柿タンニン
・吾亦紅(われもこう)エキスなどの成分毛穴ケア・保湿成分も配合
日焼けにも強い成分配合高品質を維持しながらエコとコストにもこだわり

体臭が強い方への美容カウンセラーのアドバイス

美容カウンセラー

化粧品検定1級を取得
美容コンシェルジュ

医薬部外品を選ぼう
女性向け消費が良い
返金保証付きが良い

美容カウンセラーの体臭が強い女性のための対処法です。

気になる匂いの原因はどこから?

ニオイの原因は、汗、皮脂、垢+雑菌。
体臭は、汗や皮脂、垢に含まれる成分を皮膚の雑菌が分解、酸化して発生したガスが原因。

私たちが汗をかくのは、主に体温の調節をするため。暑くなったり運動したりすると汗を大量に分泌し、皮ふの表面から蒸散する時の気化熱を利用して、上昇した体温を下げています。

また気温や運動とは関係なく、精神的に緊張を感じた時にかく汗もあります。脇の下や手のひら、足の裏などに多量の発汗がみられます。そのほか、辛いものやすっぱいものを食べた時にかく汗もあります。

脇汗を大量にかいた時、「もしかしたらワキガなのかも?」と思ったことがある人はいませんか? ですが、脇汗とワキガは別物なんですよ。汗を出す線(汗腺)にはエクリン腺とアポクリン腺があり、分布する部位やニオイに違いがあります。

エクリン腺

体温調節の役割が大きく、体のいたるところに分布している汗腺です。エクリン腺から分泌される汗は、99%が水分。さらっとしていて、ほぼ無臭です。

アポクリン腺

体臭やワキガは、アポクリン腺から出る汗が原因と言われています。毛穴に付随している汗腺で、脇の下や耳、陰部、乳輪、おへそなど、限られた部位に集中しているのが特徴。

アポクリン腺から分泌される汗には、水分が少なく黄色く粘り気があり、脂肪、タンパク質や鉄分などを多く含んでいます。そのため、汗そのものは無臭ですが細菌に分解されると、ワキガ特有のニオイを発してしまうこともあるのです。

バナナリーフの固形せっけんで肌荒れやにおいの心配なし!

普段からできる体臭の対策の基本

体臭を防ぐためのポイントをご紹介します。カラダのケアから身に着ける衣服のケアまで改めて確認してみましょう。

汗をかいたときのケア

時間が経つと臭ってしまうことから汗をかいたらこまめに拭き取るようにしましょう。ドラッグストアで買える汗拭き専用シートやボディシートもおすすめです。

手がベタつくようであれば手洗いを行いましょう。また、足や脇の下などすぐに拭けない場所は、デオドラント剤としてスプレーや固形タイプのクリームなどが市販されているので、お風呂上がりや出かける前に塗って出かけると安心です。

シャワー・入浴時の臭いを防ぐケア

最近はシャワーのみという方も多いかもしれません。カラダの汚れが落ちやすいバスタブへの入浴がオススメですが、シャワーだけの場合にもカラダをしっかりと洗えているかチェックしてみてください。

頭を洗う際には、生え際、耳の裏側、うなじ部分など手の届きにくいところを入念に洗うようにすることが大切です。
カラダを洗う時には、臭いを放ちやすい脇の下や性器の近くのほか、足の指の間や足裏など洗い残しがないようにしましょう。特にシャワーのみの場合には、シャンプーやボディソープ、石鹸などの流し残しがないように注意してください。

衣類の素材や洗濯方法にも気を付ける

衣類の素材はコットン・リネン・シルク・ウールなどの天然繊維の方が汗や皮脂を吸着しやすく臭いにくいと考えられます。下着や服を購入する前に、使用されている素材を確かめましょう。
こまめな洗濯も大切です。強い臭いがついた服はお湯で洗うことも対策になりますが、生地によっては色落ちしたり、傷みやすくなったりするので注意してください。

体臭のない生活習慣

食生活の改善

タンパク質は分解されると、アンモニアや硫化水素などニオイの強い物質を発生します。脂肪も分解されると、脂肪酸となりニオイのもとになります。

肉類、バター、チョコレートなど、動物性タンパク質や脂肪の多い食品は控え、腸内環境を整える食品を摂るようにするとよいでしょう。

腸内を整える食品には、乳酸菌、オリゴ糖、食物繊維などを含む、メカブやわかめ、モズクなどの海藻類や、ヨーグルト、豆乳や納豆などの大豆製品、緑黄色野菜やきのこ類などがあります。

 

運動不足を改善

汗をかかないでいると汗腺の機能は低下して汗の質も悪くなるといわれています。
エアコンの普及や交通機関の発達で汗をかく機会が減っている人は、ジョギングやウォーキングなど適度な運動で良い汗をかくようにしましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました